ARCHIVE


ARCHIVE

「ジャパンものづくりカルタ」第20回のテーマは「金属3Dプリンター」についてのお話でした。
金属の3Dプリンターとはどのようなものなのでしょうか。

金属3Dプリンターとは

これまで普及してきた3Dプリンターは、ABSやPLAなどのプラスチック材料を使用するものが一般的でした。これに対して金属3Dプリンターは、アルミやステンレス、チタンといった金属を粉状にした材料を使用し、金属製品の製造を行う装置です。

  • 3Dプリンター

  • 金属粉末

2019年12月には三菱重工工作機械株式会社が、2m角(車半分のサイズ感)の造形物を製造できる大型金属3Dプリンターを開発し、2020年12月の展示会で出品するニュースで業界の話題をさらいました。

造形時間とコスト

そもそも3Dプリンターというと、スピーディーでコストを抑えられるイメージをお持ちかもしれませんが、実際は異なります。使用する金属粉末は1Kg2万から8万と高価で、造形時間もA3サイズで約100時間要します。時間と費用をかけて製造される製品は、非常に高値で取引されており、私たちの日常生活で見かけることはほとんどありません。では、金属3Dプリンターはどのような場所で活躍しているのでしょうか?

用途は?

通常の3Dプリンターは主に自動車部品や飲料パーツなどの試作品を作ることに使用されていますが、20cm角の金属3Dプリンターを発売した三菱重工工作機械株式会社では、ターゲットを航空宇宙・防衛分野、エネルギー、自動車としているようです。従来よりも大型でかつ軽く、強度が求められる分野で活躍が期待されています。

  • 飛行機

  • ブラント

金属3Dプリンターを用いて従来の成形加工や切削加工ではできないような複雑形状を表現することが出来るようになると、新たな設計思想が求められてきます。 業界に詳しくない、逆に何も知らない人の発想が活用される時代が到来するかもしれません。

設計

じ

新たな思想を以って金属 3Dプリンターと素材を組み合わせられれば、全く予想もしていない製品が世に出されることになそうですね。
そのような未来が待ち遠しく感じられます。